コイン通り商店街へのアクセス

●広電電車 宮島線 「佐伯区役所前」より徒歩約10分。
●JR山陽本線 「五日市」北口より徒歩約15分。
●バス JR山陽本線 「五日市」北口 バス乗り場より
 岡の下橋経由の路線をご利用下さい。
 (薬師が丘・藤の木・彩が丘・市立大学・こころ南・ジ アウトレット 広島ゆき)
 「五日市5丁目口」又は「五日市中央2丁目」バス停下車。

コイン通り商店街振興組合

お問合せ先(事務局) 月~金 9:00~16:00
〒731-5128
広島市佐伯区五日市中央4丁目15番3号
TEL 082-923-1351 / FAX 082-921-2948
理事長 清水 美和子

 

商店街の歴史

●昭和30年代後半から、『産業道路』として開通し発展。
●昭和40年代、広島市のベッドタウンとして大きく発展。
●国鉄(現JR)、広電の線路と造幣局の間に商店が増加。
●昭和50年代、五日市の中心拠点として役割は重要に。
●昭和52年にはイズミ(現ゆめタウン)が出店。
●前身の『五日市中央通り商店会』が結成。
●平成2年『コイン通り商店街振興組合』として法人化。
●平成3年度からCI策定事業に取り組んでいます。
 〇愛称を『花 happy コイン通り』としました。
 〇歩道のカラー舗装化と拡幅。
 〇統一感のある街づくりなど多くのプランを提案実行。
 〇『金持神に合える街』をキーワードとした街づくり。

商店街の歴史

●昭和30年代後半から、『産業道路』として開通し、急速に発展しました。
●昭和40年代、広島市のベッドタウンとして、大きく発展した五日市。
●国鉄(現JR)、広電の線路と造幣局までの間に、年毎に商店が立ち並んでいきました。
●昭和50年代、五日市の中心拠点として、この地区の役割はますます重要となります。
●昭和52年にはイズミ(現ゆめタウン)が出店されました。
●コイン通り商店街の前身である『五日市中央通り商店会』が結成されます。
(大型店と地域商店との共存共栄を目的に商店街活動を展開。)
●平成2年『コイン通り商店街振興組合』として組織を法人化。
(平成2年9月20日設立。商店街のより一層の活動推進と地域の発展に貢献していくことを目的としています。)
●平成3年度からCI策定事業に取り組んでいます。
 〇愛称を『花 happy コイン通り』としました。
  (花の咲く季節の異なった「あんず」と「はなみずき」を街路樹として選定。)
 〇歩道のカラー舗装化と拡幅、統一感のある街づくりなど多くのプランを提案し行っております。
  (各方面から多大なご協力を頂いております。)
 〇『金持神に合える街』をキーワードに街づくりやイベントを行っております。
  (造幣局のある商店街という特徴を生かした街づくり。)

コイン通りまちづくり委員会

●コイン通りを中心にトータルな街づくり行っています。
●造幣局、佐伯区役所、大学教授、町各団体などが参画。
●実績を評価され、H15年国土交通大臣賞を受けました。
●活動団体
 〇花クラブ 〇デザインクラブ
 〇春の小川復活大作戦クラブ 〇まつりクラブ等

コイン通りまちづくり委員会

●「コイン通り街づくり委員会」という組織があります。
 コイン通りを中心としたトータルな街づくりを目的に作られた団体です。
行政(造幣局、佐伯区役所他)、大学教授、町各団体の参画によって、 様々な街づくり活動を行っています。
その実績を評価され、H15年国土交通大臣賞を受けました。
花クラブ、デザインクラブ、春の小川復活大作戦クラブ、まつりクラブ等が活動を行っています。